住宅ローンの審査基準について知っておきたいこと

住宅ローンの審査基準について知っておきたいことを調べてまとめてみました。

つなぎ融資の審査について

一戸建て住宅を建築するときには住宅ローンを組まない人は少なく、多くの人は住宅ローンを組んで住宅を建てます。

一戸建ての注文住宅の場合には建売住宅と違って土地と建物についての費用をばらばらに払わないと行けないためローンを一回組んで終わりではありません。

では、どのような流れになっているのでしょうか。


土地を手に入れていない状態で注文住宅を建てる場合にはまず土地を購入しなければなりません。

土地がないのに建物の建築から始める人はいないのです。

土地を購入する場合には現金ですべて支払うことができれば問題ありませんが、普通はローンを組みます。

ローンの審査を通したら次にその土地に建物を建築していきます。

ですが、建物を建築するときにはローンを組むことができません。

建物のローンは建物が建築され、登記が完了したらローンの本審査に入り、借りることができるのです。

なぜ、建物が完成して登記をしてからでないと借りることができないのでしょうか。

 

登記後しかお金を借りられない理由


その理由は、建物を担保に入れてお金を借りるカタチになるからです。

登記をして初めて所有者がはっきりするため、登記をした後で無いと担保に入ることができずローンを組むことができないのです。

そう考えるとここで一つ問題が発生します。

普通は、建物を建てる前にハウスメーカーや工務店に建物の費用を払わなければなりません。

ですが、ローンは建物の登記後にしかできないのです。

そうすると建物に対してお金が払えないことになります。

そこで、つなぎ融資を必要とします。

つなぎ融資を使うことで登記前にお金を借りることができるのです。

つなぎ融資の審査は土地のローンとつながっていますので、土地のローンが組めていれば問題なく通ります。