住宅ローンの審査基準について知っておきたいこと

住宅ローンの審査基準について知っておきたいことを調べてまとめてみました。

住宅ローン審査に落ちる理由

住宅ローンの審査に落ちてしまう方もいます。

銀行も大きな額のお金を貸すわけなので、簡単に貸してくれるとは限らないのです。

審査に落ちる理由は様々ですが、主な理由は、返済がきちんとなされるとみてもらえなかったことにあるでしょう。

住宅ローンは長期にわたって返済していく性質のものであり、金利も入れると返済額はとても大きくなります。

そのため、最低限返済していけるだけの収入を持っていなければなりません。

おそらく、落ちた場合には、その点に不安があると判断されたのでしょう。

収入が十分あったとしても、他社の借り入れ状況が響いてしまう場合もあります。

 

返済能力が低くなると審査落ちしやすいです


件数が多いと、その人の返済能力を削ってしまいます。

例えば、1000万円以上の年収があったとしても、その年収の8割程度の借金があったとしたら、住宅ローンの借り入れ分を返済することができなくなります。

そのため、他社の債務が残っている人は、それを返済してからでないと、なかなかローンを組むことはできないので、債務を圧縮したり、完済してから申し込むべきです。


その他の事情としては、勤続年数が短く、職種がころころ変わっているようだと、安定した収入が今後も得られるとは限らないため、審査場はマイナスになってしまいます。

日本の雇用形態では、勤続年数が大きいほど、安定した収入につながるからです。

もちろん、職種の変化が合理的であれば、そう判断されませんが、すべて判断するのは銀行です。

したがって、そのことをきちんと説明できるようにする必要があるでしょう。