住宅ローンの審査基準について知っておきたいこと

住宅ローンの審査基準について知っておきたいことを調べてまとめてみました。

住宅ローンの審査基準

住宅ローンは、新築や中古物件を購入する時に銀行から借り入れるローンです。

最大30年以上にわたって返済していくローンであるため、その額が大きいのが一般的です。

そして、額が大きいからには、銀行も審査をしたうえで、その額を決定して貸すか貸さないかを決定します。


住宅ローンが巨額になるということは、審査基準も厳格です。

そして、その審査の内容は、職業、勤続年数、資産状況、他社の借り入れなどをもとに審査されます。

そして、安定した収入があるのか、きちんと返していけるのかを考慮して、返済可能と判断された場合には住宅ローンの貸し付けを行います。


また、無担保で貸し付けると、いざという時に資金が回収することができず、大きな損失を負ってしまうこととなります。

そこで、ローンの審査が通っても、不動産に対して抵当権が設定されることが一般的です。

抵当権とは、万が一債務者が返済することができなくなった場合に、不動産を差し押さえて、不動産競売を実施するという物です。

担保権者は、その競売資金から優先的に返済を受けられることとなります。

そのため、貸す側も、多少は安心して巨額のお金を貸すことができるという訳です。


住宅ローンの審査基準は、このように厳しいですが、きちんと返せると判断されれば大きい資金を借り入れることが可能な場合もあります。

しかし、収入状況は以後変化することが考えられますので、大きすぎる借り入れには注意をすべきです。


 

住宅ローンの仮審査の内容とは

住宅ローンというのは、申し込みをすれば誰でも認められるというものではなく、かならず金融機関や保証機関による一定の審査をともなうものです。

当然のことではありますが、貸し出しをする側としては、万が一にも申し込みをした人の収入状況が悪化して貸し倒れになってしまうことは防がなければなりません。

そのためにさまざまな項目を審査して、住宅ローンの利用が妥当かどうかを判断するわけです。


この審査に関しては、一般には仮審査と本審査とよばれる二段階の方式で行われることになっています。

その最初の関門が仮審査ですが、金融機関には申込書とともに、
・年収
・勤続年数
・正社員や派遣、パート、アルバイトなどの区別
・自己資金の金額
などといった、最低限の情報がわかる書類を提出するだけでよいことになっています。

金融機関では、こうした資料をもとにして、申し込みをした人の現在の年収から考えて、住宅ローンの返済を将来的に継続できるだけの能力があるかどうかを見極めることになります。


審査の内容については明らかではなく、金融機関によっても基準は異なりますが、一定以上の安定した収入があれば、だいたいは認められるものと考えてよいでしょう。

また、住宅の売買契約を結ぶ前に行う審査ということもあって、金融機関でもある程度は迅速に結論を出してくれます。


ただし、逆にいえば、最低限度の審査しかしていないということになりますので、その後に続く本審査では、一転して住宅ローンの利用が認められなくなったということもあり得ます。